トラウト・ブラックバスの管理釣り場-栃木県大田原市

営業時間4月~11月:7時~21時/12月~3月:7時~17時

定休日木曜日(祭日除く)

お問い合わせ0287-23-1253

メニュー

ブログ

【釣り道具を買う前に・・・】インストラクターが教える釣り具の選び方:トラウト編

釣り道具を買う前に・・・「インストラクターが教える!釣り具の選び方:トラウト編!」


こんにちは、キングフィッシャースタッフの手塚です。
このブログでは「釣りをやってみたい!」「釣りが上手くなりたい!」と思っている方を応援するために、
キングフィッシャーにかかわる方へのインタビューを通して、
キングフィッシャーで釣るための「コツ」をお伝えしていきます!

 

※手塚:今年度よりキングフィッシャーのスタッフとして勤務。
釣りの経験はあるものの、釣りにのめりこんだのはつい最近のこと。

 

※岡川さん:キングフィッシャーインストラクター。
トラキンをはじめ、栃木・群馬エリアのトーナメントに参戦しているアングラー。
出勤日:金(13時から)
※都合により休みや時間の変更がある場合もございます。

「万能竿」は万能ではない・・・?

手塚:最近、初めて釣りにチャレンジしてくださるお客様が増えてきてうれしい限りです!
   「ブログ見ましたー!」って言ってきてくれると、こちらもがんばらなきゃなって思いますね!

岡川:そうですね!あと最近、
   「本格的に釣りをやりたいんですけど、何を買えばいいですか?」という質問も多くありますので、
   今回のブログは「道具の選び方」についてまとめてみましょう!

手塚:僕も釣りを初めて一番悩んだのは道具の選び方ですね。
   釣竿をとってもピンからキリまであって、何を選べばいいのか分からず、とりあえず「万能竿」って
   書いてあったんで、これなら値段も高くないし大丈夫かなぁと思ったんですが、全く釣れないんですね。
   良く調べて買えばよかったなぁと当時を思い出すと後悔しています。

岡川:道具選びは釣果を左右するので、慎重に行った方がいいですね!今回は釣具屋さんに行く前に、

     ぜひ見て頂きたい内容です!
    「ロッド・リール・ライン・ルアー」の4つについて説明していきますね!

釣り具の選び方①トラウトロッドの種類

岡川:まずはロッド(竿)の選び方から。
   釣具屋さんに行ったらまず「トラウト用」のコーナーから選ぶようにしましょう。
   もし細かく分かれているようなら「エリアトラウト用」もしくは「管理釣り場用」を選ぶとベストですね!
手塚:竿ならなんでもいいかと思っていましたが、釣る魚によって種類が分かれているんですね。
岡川:そうなんです!万能竿は決して万能ではありません。万能竿だと固すぎて釣りになりませんからね。
   管理釣り場のトラウトはもう少し繊細なんです。
手塚:竿の根元当たりに「L」とか「UL」とか書いてありますけど、これってなんですか?
岡川:これは竿の「硬さ」を表しています。簡単に図でまとめてみたので、下の図を見てください。


手塚:へえーこんなに種類があるんですね!
岡川:竿の硬さはそれぞれ好みがあるので、色々使ってみるのが一番いいです。
   メーカーによっても若干硬さに違いがありますからね。
   とりあえず迷った場合は「UL」を買ってみるのが良いと思います。少し硬めですが、
   初めてであればクランクからスプーンまで対応できるこの硬さから選んでみるといいかなと思います。
手塚:あとは釣具屋さんの店員さんと相談ですね!
   キングの近隣の釣具店さんの店員さんも良くご来場いただいているので、
   竿選びについてアドバイスがもらえるかもしれません!

釣り具の選び方②リールの選び方

岡川:続いては一番肝心なリールです。リールはしっかり選ばないと思ったように釣ることができません。
   リールにも番手がありますので、しっかり選びましょう。
手塚:リールに書いてある1000とか2000とかの数字のことですね!どれを選ぶのがいいんでしょうか。
岡川:トラウトでは1000番もしくは2000番がおすすめですね!
   あと、リールは精密機械なので、少し奮発して、良い物を買いましょう!
   最低でも4000円くらいのものであれば、しっかりしたものが買えるかと思います。
手塚:なるほど!お客様のを見てるとやはり「シマノ」「ダイワ」製のリールが圧倒的に多いです!
   しっかりしたメーカー製のものを買えば、長く使って行けそうですね!


釣り具の選び方③ラインの種類 

岡川:さて、次に大切なのは「ライン(糸)」ですね!太すぎても細すぎても釣りにくい上に、
   日々進化して色んな素材のラインが生まれていますので、
   それぞれの素材ごとに見ていきましょう!下の図を見てください!


手塚:なるほど・・・本当にいろんな種類があるんですね・・・初めて買う場合には何を選べばいいんでしょう?
岡川:おすすめはフロロのラインですね!太さも2ポンドくらいがおすすめです!
   あまりにも糸が太いと軽いルアーが投げられない上に、魚からも見えてしまいます。
   色も透明な糸を選ぶことがおすすめです!
手塚:なるほど!かなり大切ですね!色んな種類があって迷ってしまいますが、
   それぞれの素材の特徴を見極めて、自分の釣りにあったものを選ぶ必要がありますね。

釣り具の選び方④ルアーの選び方

岡川:最後はルアーの選び方です!釣具屋さんに行って一番迷うのがここだと思います。
   重さや色・形など様々な物がありますからね。
   1つ覚えておいてほしいのは、ルアー1個だけで釣れる魚の匹数には限度があるということです。
   魚もルアーを覚えてしまうので、多ければ多いほど多くの魚を釣ることができます!
手塚:多い方がいいと言っても・・・お財布の事情もありますし・・・
   重さとか色とかおすすめはありますか?
岡川:まず重さですが、初めて道具を買うのであれば1g~2g以内のスプーンがおすすめですね。
   これ以上重いと小さな魚はかかりませんし、逆に軽すぎると投げるのが大変になります。
   状況に合わせてルアーを変えていかなければならないので、最低でも5枚くらいは
   異なる色のスプーンを持っていた方がいいですね!
   キングでよく釣れている色のスプーンを何個か紹介するので、釣具屋さんに行ったらぜひ、
   これを参考にしてみてください!


まとめ

釣り道具にはいろいろな種類があるため、初めて釣具屋さんに行く方は驚かれるかと思います。
お金が無駄とならないように、ぜひこのアドバイスを活かして釣具屋さんに行ってみてください!

キングフィッシャーにおいてもレンタルのロッド・リール、そしてルアーの販売を行っております。
最後にキングのレンタル釣り具の紹介と、販売している初めての方にもおすすめなルアーを紹介いたします!

キングフィッシャーレンタル釣り具

ロッド:鱒レンジャー150またはグレート鱒レンジャー改SP50
リール:シマノ「ALIVIO」
ライン:ナイロン3ポンド

初心者向けおすすめ!キングフィッシャー販売ルアー

※ROBルアー「アラベスク」「デカベスク」 各1個400円(込)

※ADB「ビギナーズセット」スプーン5個入り1セット 1000円(込)

※その他にもキングフィッシャーオリジナルカラーのスプーンを多数販売しております!


釣り具選びに困った時も、キングのスタッフが相談に乗ります!ぜひ気軽にご来場くださいませ!

 

カレンダー

    123
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
    123
25262728   
       
   1234
567891011
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930